サイト内には広告があります

スポーツジムへ通うことで得られる効果

人が運動目的でスポーツジムに通い始めることで得られる効果として、ダイエットの効果、運動後の爽快感、健康維持などがあります。

スポーツジムへ通う人にもたらされる効果はこればかりではなさそうです。




期待される身体的効果

まず、スポーツジムでトレーニングに励むことで得られる一般的な効果を確認してみましょう。

痩せて健康的なスリムな体を維持したい、生活習慣病とは無縁な健康な体でいたいという大人の願いは、ジムで体を鍛えることで実現できそうです。

痩せたい

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると肥満に至る恐れがあります。

日頃から食事の量を制限して頑張ったつもりでも、年齢によっては基礎代謝が低下してしまったりと思ったほどの効果が得られなかったり難しいものです。

食事制限だけのダイエットは心的な負担を伴います。
逆に運動により代謝を促進させることはストレスの解消の効果もあるためおすすめです。

健康でありたい

健康を維持するために必要なことといえば、良い生活習慣をもつことですが、食生活での栄養管理とならんで「日頃の運動」は健康維持にはかかせない要素であるのはもはや常識と言っても良いでしょう。

日常生活の中に運動するきっかけを作る、さらに運動を継続する習慣を持つというのは以外に大変なことです。

ジム通いの効果

成果に個人差があるのは勿論ですが、スポーツジムを利用することで「痩せたい」「健康でありたい」いう希望を叶える効果は充分期待できるでしょう。

スリムで格好良いスタイルと健康を維持することを物を買うことで得るのは難しいですが、私たち大人はサービスに対価を支払うという手段を心得ています。

それがスポーツジムだということになります。健康を費用対効果の話に当てはめるのはピントこないものですが、日頃の不摂生がたたって医療費を支払う羽目になるのは避けたいものです。

運動習慣を行ったことで生じる費用を支払うか先に予防策として運動できる環境を手に入れるかを考え、どちらが賢い選択かという2択の問題として捉えるのではなく、「運動できる環境を手に入れる」ことはプラスアルファの効果ができる何かがありそうだと気づくことも大事なことでしょう。

運動することで得られる爽快感

我々社会人は就業時間を過ぎてから、帰宅するまでに気分をリセットする手段が必要なケースが少なくありません。

仕事で負ったストレスを引きずったまま、帰宅すること家庭に入ることは過度の飲酒や過食を招く引き金になりかねないでしょう。

そんなとき、職場と自宅の間にワンクッション「運動できる場所」があれば理想的です。

仕事帰りに運動に没頭することによって、受けたストレスを解消できるのは勿論、運動による爽快感を得られる効果があります。

多くのフィットネスクラブやスポーツクラブではシャワーや入浴施設を備えているので、運動後に入浴をすませて帰宅すればあとは自由な時間を過ごすことができます。

人によっては、その運動している時間が自由な時間に該当することもあるでしょうし、その場合は帰宅してくつろぎの時間と開放感とともに就寝というサイクルも作れるでしょう。

これも人によってはジム通いにより得られる理想な生活かもしれません。

ジムの空間がもたらす意外な効果

私が、ジムに通い始めて生活に安心をもたらしてくれた効果が「一番人並みであることの安心感が得られる」ということです。

人並みの生活を送りたいというのは私たち凡人にとって共通の願いです。

また、人並み以上でありたいと思う思考も大いにありでしょう。

そんなことを考えたとき、果たして自分は人並みの日常生活を遅れているのだろうかという不安を持つことはないでしょうか。

四六時中気になる方はいないと思いますが、無意識にそう感じる瞬間というのはあることでしょう。

世の中には、生活が人並みであるか劣っているかを計る物差しは存在しません。一般的には収入の高いか低いかがこれに当たりますが、これをまともに用いてしまうと受け止めたくない現実を再認識させられ心地よいものではありません。

スポーツジムに通えば、このような不安はある程度解消されます。

ジムに来る会員は、そこへいる時間のほとんどを汗を流すことに費やします。

しかも、数10分などの半端な時間ではなく一度来れば1時間から2時間以上というのが当たり前で、その間は運動と休憩を繰り返し最後に風呂に入るというルーチンを日々繰り返すのが当たり前です。

そして、なぜかストレスを抱えるような表情は見せず安定した生活が送れてそうな人たちばかり(そう見えてしまうという話)。

ジムでこうした人たちに囲まれて、過ごす時間に迷いや不安は付きまといません。

老若男女問わず皆満たされた時間を過ごしているような雰囲気があって、それで健康を維持できるのであればこんな素晴らしい空間はないでしょう。

これが例え幻想で事実と差異があろうとも、さも皆が充実しているかのような空間にまとまった時間身を置くことは、他の場所では体験できないことではないでしょうか。

共通の運動スペースで「自分も人並みな習慣を持っている」という事実を感じることはジム通いで得られる一番の有益な効果です。